Business diary of former athlete

元アスリートのビジネス日記

ビジネス日記

意思の疎通が取れてなかった箇所が見つかり、報告の効果を感じる。この形を継続すれば今の規模でも、パフォーマンスは上がるはず。

更新日:

投稿日:2016年6月11日

こんにちは。フィンケルです。

まずは日商から。

【6月10日の日商】

店舗B:23,360円
店舗Bの2:2,074円
店舗A:0円
店舗D:3,980円
店舗C1号店:29,728円
店舗C2号店:22,360円

売上合計:81,470円

【パートナーさんの報告に返信】

オファー通りに報告をしてくれた2名のパートナーさんに、コメントをつける形で返信。

この形でコミュニケーションを取る中で、意思の疎通が取れてなかった箇所が見つかり、報告の効果を感じるとともに、この形を継続すれば、仮に今の規模のままだとしても、パフォーマンスが上がると感じる。

また、規模を大きくしていくにあたって、このやり取りは、欠かせないことだと感じる。

店舗Cと店舗Bの管理を任しているパートナーさんからは、まだ返事が返ってきていない。

・外注扱いが良いのか?
・人として接し、みんなで伸ばしていきたいのか?

という2択を迫ったが、外注扱いで良いのであれば、結果と完璧な仕事を求めていきたいと思う。

【SNS運用】

やはり、1号店よりも2号店で出している商品のほうが、SNSだと圧倒的に反応が良い。

来週からも商品使用画像(素材)を作成している外注さんたちに、引き続きSNS投稿と運用をお願いしていこうと思う。

あと、アカウント上でパーソナリティーを出していくのも良いのかなと思う。

実際、SNS上でも良い感じのコメントがついて、やり取りができているものもあるので、より親近感を感じてもらい、商品の購入につながりやすくなるとも思う。

もう一つ、SNS上であまり反応のよくないアイテムがあるが、こちらはいろんなプラットフォームでも需要があることはわかっている。

他の様々な販路では需要があるのに、SNS上だと反応が薄い。これは一つの歪みなのかなと感じている。

この商品を専門に発信している人もそんなに多くはないので、最初は反応が薄くても、継続することで認知してもらい、良さを感じて頂ければ、その分一人勝ちできる可能性も高いと感じる。

ここも、同じようなことを考えているライバルがどれくらいいるのか。そしてそれらのライバルがどれくらいの反応をとっているのか、競合分析をしてみたいと思う。

-ビジネス日記

Copyright© 元アスリートのビジネス日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.